モテる男の仕草~話し方~

あなたは自分の振る舞いを意識

したことはありますか?

歩き方、姿勢、目力、話し方、etc…

あげれば色々出てきますが

今回は「話し方」について話していきましょう。

 

女性に嫌われてしまう話し方の代表例

1、もじもじしている

2、声が小さい

3、全く目を見ない

 

これをしてしまっている人は

1→男ならハキハキ喋れ!

2→男なら腹から声を出せ!

3→話してる相手の目を見ろ!

と、きっと女性から思われていることでしょう。
まず、自分がこんなことになっていないか確かめてみましょう。
もしあてはまっている場合は、改善していきましょう。
モテるまでの道のりとはこれの繰り返しです。
自分が自分で気付いていない改善すべき点
見えていないだけで、たくさんあるはずです。
話しが飛びましたが、

実際どのように「話し方」は改善していくんでしょうか?
昔私もある時こうなっていることに気付かされた瞬間があったのです。
その時私が行った改善方法とは、、、

一人でいる時間に発声練習をするのです。
「自分の声の出し方はどんなものだろう?」

「声のでかさはどんなものだろう?」

そして、鏡の前に立って鏡の中の自分とじっと目を合わせてみる。
こんなん1人でやってたらアホじゃないか?

と思ったこともありましたが効果は絶大でした。
現実に、舞台の役者や声優もこういった発声練習はしています。
そこまで凝ったことはする必要はないですが

基本的なこと、あ~ろまでハキハキと大きな声で喋ってみるetc…

騙されたと思って1度やってみましょう。
話し方を変えるだけで、

相手に伝わる印象がガラッと変わります。


今回から動画も更新していきます☆

メルマガ登録者限定動画もありますので

気になる方はご登録どうぞ☆

メルマガ登録はこちら


タグ


2011年4月26日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:モテる男

大阪心斎橋ナンパ日記

日曜の朝方のこと。

心斎橋のクラブ密集地帯を通りかかった。

外には、クラブ帰りで明らかに

退屈そうなギャルが何組かいた。
その中でもとびきり美人の2人組に声を掛ける。

隣の自販機でコーヒーを買って差し出す。

M「寒いやろ、飲む?」

M「100円拾ったからあげるわ笑」

案の定そのギャルたちは退屈だったみたいですんなり応じてきた。

女1「わー嬉しいありがと♪」

M「クラブ帰り?楽しめた?」

女1「う~んまぁ楽しかったよ。。。」

M「顔疲れてるなぁ、そんな激しく踊った?笑」

女1「久しぶりやったからね☆でも、うざい男が多かった。」

女2人組が近くにいる男にアゴを使って

女1「アイツがずっと付きまとってきててん」

M「人気者は大変やな、家まで付いて行く気なんじゃない?笑」

「あの手の体制はたぶん待ち伏せしてるよ笑」

女1「(笑)ホンマに来そうやな。笑」

M「俺も被害被りそうやからお先失礼するわ笑」

女1「(笑)」

M「よくクラブいくの?」

女1「月に1回は来るかな。」

M「もうジャンキーやな、クラブなしでは・・・って感じか!笑」

「コスプレしてお立ち台で踊ったりすんの?」

女1「しないよ!笑 まったり飲んで音楽を楽しむだけ☆」

ずっと黙ってた方の女がやっと口を開いて

女2「何してるんですか?」

M「今?最近不審者が多いからパトロールしてんねん笑」

女2「(笑)じゃなくて普段です。。」

M「普段は家で待機してるよ笑 いつでも出動できるように笑」

「何かあったらいつでも呼んで笑」

女1「笑今日はそこの男がおるから厳戒態勢やな笑」

M「そうゆうことや!笑 はよ帰らな怖いよあの人ほんとに笑」

「俺の経験上、アレはだいぶイってる笑」

女1「(笑)でも、この子の彼氏待ってんねん」

M「そうなんや、何人目の彼氏さんですか?笑」

女2「いやー、今は一人だけです笑」

M「まじか!俺も7人目の彼女募集中やから誰かおったら紹介してや♪笑」

「ストライクゾーンは広い方やからさ笑」

女1「遊び人はイヤです~(笑)ってかもう彼氏来るんちゃう?」

女2「もうそろそろかな?」

M「そんな堅いこと言わずに、ってか来ても事情聴取してるだけやから問題ないやろ?笑」

女1「まぁそうやね笑」

M「ってか君は一人かい?笑」

女1「そうそう、さみしいやろ?笑」

M「やっぱり!そんな感じした笑」

女1「失礼やなぁ!!笑」

M「今度気が向いたら相手したるから番号教えといてや~!笑」

女1「気が向いたらって笑。ん~じゃあ私が送るね?」

M「おう、受信準備万端。」

女1「(笑)」

赤外線でアドレス帳を交換して

女1「いった~?」

M「おん来た来た!まみちゃんな!モーニングコール部隊のグループに入れとくわ笑」

女1「何の部隊よそれ!笑」

M「ははっ笑 まぁ後から送っとくわ~無視すんなよ♪」

「ほな次の区域見回ってきます~笑」

「まったね~☆」

女「うん笑、行ってらっしゃい~」

 

たった5分ぐらいの出来事だった。

ここで声を掛けてなかったら
一生知り合うことはなかっただろう。

今ではこの時知り合った23歳美容師のまみと

会いたい時に会って

一緒に寝る
関係になっている。

女を転がすテクニックを1度マスターしてしまえば
女に困ることなどないだろう。

あとは更に磨きをかけるだけだ。

あなたも想像してみよう。

女に困らない、自慰行為をする必要もないバラ色の人生を。

それは誰にでもつかむことができる。

あなたにも必ずできます。

 

ここで使った4つのテクニック

ご覧になりたい方はこちらのメルマガ登録をどうぞ!

http://www.mag2.com/m/0001275234.html

俺のテクニックの全てが公開されます!

登録された方は過去のバックナンバーもご覧になれます。


タグ


2011年4月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ナンパ

神戸ナンパスポット

今日もナンパスポットを一つ紹介します。

神戸三宮

ナンパをするには最適な街だ。

街が凝縮されていて、

密集率が高いからである。
最も大きな理由としては

駅を挟んで北と南で全く街並みが違う。
北は繁華街+飲み屋街

南はビジネス街
駅をどっちに出るかで、

歩いている女性の層が全く違うのである。
北に出れば、ホステス学生フリーター

南に出れば、OL人妻
難なくターゲットを絞ることができるのである。
ただし気を付けないといけないのは、

神戸は非常に風営法が厳しいと言うことだ。
実際ナンパをしていて捕まった人もいる。
その点さえ気を付ければ、女も綺麗だし最高の街だ。
中でもナンパスポットをピックアップするとすれば、

阪急三宮駅を南に出たセンター街。
ここは曜日や時間帯を問わず、

女があふれている。

ノリも良い。

「神戸タワーってどこにあんの?」
みたいにボケを交えた声掛けを

していけばすぐにヒットしてくる。
神戸に行くなら絶対に押さえときましょう。


タグ


2011年4月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ナンパ

女性に嫌われてしまう会話とその対処法

友人や家族の前だったら

普通に喋れるのにも関わらず、

女性を目の前にした瞬間に

地蔵状態になってしまう人がいます。
何を喋ったらいいのかもわからず頭が真っ白になってしまい、

結果、女性の前でモジモジしてしまう。
挙句の果てに

あの人と喋ってもつまらない。」

などとしょうもないと言うレッテルを貼られることも少なくない。

 

では、そうならないためにはどうすればいいのでしょうか?
まず精神状態から見てみましょう。

地蔵状態になりやすい人に共通するのは

自信がなく焦っていて落ち着きがない。
逆にモテる男は

自信に満ち溢れ落ち着いていて余裕だ。

会話は言葉のキャッチボール

と言うことを理解しているしそれを実行できているのである。
男性が思うおもしろい会話と

女性が思うソレは意外に違うもの。
大事にするべきは何の話しをするかではなく、

お互いが気持ちよく喋ることである。
最低限のモラルを守り、

共通点を模索しつつ自分の話しを小出しにしていく。
最も多く見られる嫌われてしまう会話の代表として

相手は全く興味がないのに

自分の話しばっかりしてしまうパターンだ。
余裕がないばっかりに相手の顔色や雰囲気、

どう思っているのかを考えてあげる暇がないのだ。
会話は自分一人でするものではない。
相手がいて初めて成り立つものであって

自分の話しばっかり聞いてもらおうと言う考え自体が甘いです!
女性なら尚更そう思っています。
だから嫌われてしまうんです。
そうならないためには前述したように

お互いの共通点を探す作業を怠らないこと。
自分が興味のある話しは誰でも楽しいものですよね。

2人で喋るなら2人で楽しめるネタを使う。

わからなかったら探す。

 

こういう風に陰の努力をしていれば

そうそう嫌われることはありません。

 


タグ


2011年4月23日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:モテる

このページの先頭へ

独自ドメイン var _gaq = _gaq || []; _gaq.push(['_setAccount', 'UA-25116091-1']); _gaq.push(['_trackPageview']); (function() { var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true; ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s); })();