心斎橋ナンパ日記

先日心斎橋でナンパしていた時の話し。

その日は完全にソロナンで勝負しました。
いわゆるカフェナンパだったのですが、

某○○珈琲に入って、すぐにターゲットを確認。
話し掛けてみると、

ガールズバーで働いている、身長は小さいが

可愛いギャルでした。

名前はあやこ。
森田「ここ空いてますか?」

あやこ「・・・え?」

森田「ここの席誰か使ってるの?」

あやこ「いや、空いてます。」

森田「じゃあ座ってもいいよな?」

あやこ「え(笑)」

森田「誰か来んの?」

あやこ「いや、一人です。」

森田「じゃあ失礼しま~す♪」

「いややったらどっかいくから(笑)」

「5分だけ相手して」

 

あやこ「あ、は~い」

こんな感じの会話だっただろうか?
とりあえず、堂々とすることがポイントだ。

中途半端に弱気に接したところでナンパにおいて

何一ついいことはない。
特に第一声は表情、姿勢、声のトーン、

全て堂々とすることだ。
・・・

この後あやことホテルに行って

まだ若い、経験も少ない恥ずかしさが残るセックスを堪能し、

楽しい夜を過ごしました。


タグ


2011年5月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ナンパ

ナンパからの出会いは悪!?

 

「ナンパから出会ってしまったら

その後、真剣に付き合える事はないのじゃないか?」

 

と言う質問をいただいたので

その解答を共有したいと思います。

 

 

そもそもナンパの目的とは何でしょうか?

 

私のナンパの定義としては

そこで声を掛けなかったら一生会うことがなかったであろう人と出会える

ということです。

 

こう考えてみれば、

素晴らしいことではないでしょうか?

 

その出会いの引き金に自分がなっていく行為です。

 

ナンパ=ダークと言うイメージがあるから

そういう発想になるのではないでしょうか?

 

私自身実際にナンパした子と

付き合ったこともありますし、

ナンパした子と結婚した

と言うスカウト時代の友人もいます。

 

そこから真剣になれるかどうかは

その後の2人次第です。

 

「所詮ナンパきっかけだし」

と2人が軽く考えてしまっては

投げやりになってしまい2人の関係がうまくいくこともないでしょう。

 

この質問をいただいた人には

「ナンパに対してのあなたのイメージをかえましょう。」

と対応させていただきました。

 

この世の中、

ナンパから素晴らしい出会いがあることを知らずに

死んでいく人がほとんどです。

 

もう一度言います。

 

出会いは自分で作るものであり、

そのきっかけを作ることがナンパと言う行為です。

 

もし、ナンパ=ダーク

このイメージがある方は

すぐに捨ててしまいましょう。

 

ナンパからの素晴らしい出会いをできた時に

きっとあなたは

私が言っている意味を実感できるでしょう。


タグ


2011年5月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ナンパ

モテる男はわがままを黙って聞く!?

昨日元アパレル店員の

プリクラモデルをしている子と

遊んできました。

 

 

遊んでいる中で一つ思ったことがあります。

 
やっぱり女性は

自分のことを理解してほしい

と言う願望が強い生き物です。

わがままと言うより

噛み砕いて言えば

言葉はなしにして

理解してほしいと言う

姫的な感覚を持つ子が多いなと

つくづく思います。
それをさりげなく

気遣ってあげるのも

ある意味男の仕事です。

ただし、

恩着せがましくしてり

わがままを全部聞いたりするのは

よくありません。

 
なぜなら女性はすぐに

調子に乗る生き物でもあるからです。

 
さりげなく、

この人わかってくれてるんだ

となんとなく意識させるぐらいで

いいのです。

 
むしろそれぐらいがベストです。

 
わがままを聞くのは大事ですが

都合の良い男

アッシー

メッシー

にならないように気を付けましょう。

 


タグ


モテる男のある特徴

 

 

昨日はカラオケに行ってきました。

やっぱ歌うまい子はいいですね。

この子は20歳のキャバ嬢で

私に近付くために

姫路の方から

大阪に引っ越してきた子です。

 

 

さて、友達周りや会社内での

いわゆる人気者って

どこに行っても一人はいます。
その人気者ってけっこう

モテたりします。
ではそれはなぜでしょうか?

 

要因は2つあります。
まず、1つ目の要因が

リーダーシップを取れることです。

人間的に元々頼れると言う点ももちろんあります。

 

2つ目は何と言っても明るいことです。

きさくでいつも

周りに元気を与えてくれるような存在でしょう。

 

しかし、みんながみんなこのキャラに

なれるかと言ったらそうではありません。
100%なりきることは不可能です。

ただ、学ぶことはできます。

 

この姿勢が大事になってきます。

モテてる人には必ず何らかの

モテてる原因があるのです。
私もそれを全部言葉にできれば

幸いなのですが

話しきれることでもなければ

本当に細かいことが多いのです。
その細かい部分に自分で気付けるようになれば

モテ男への道は見えてきたようなもんです。
常に「モテる」

と言うことに気を張って

生活していきましょう。

 


タグ


2011年5月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:モテる

このページの先頭へ

独自ドメイン var _gaq = _gaq || []; _gaq.push(['_setAccount', 'UA-25116091-1']); _gaq.push(['_trackPageview']); (function() { var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true; ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s); })();