既婚者が他の女に手を伸ばすための2ステップ

どうも、森田優也です。

 

今日は

結婚している人が、いかに有利な状況で

他の女に手を伸ばしていくのか?

 

この点についてお話したいと思います。

 

まず、

これをクリアするためには

2つのステップが必要になってきます。

 

まず1ステップ目は、

家庭との折り合いを付けることです。

 


つまり、簡単に言えば

「今日の夜、遅くなるわ~」

と言えば、素直に了承してもらえる関係を構築しておかないといけないですし

携帯電話を管理されているなんて、もってのほかです。

 

誰と連絡を取るにしても

携帯が必要になってきますし

携帯を管理されていては

新たな女性を、加工ことなんてできません。

 

完全に自由になりなさい。

とまでは言いませんが

ある程度自由にできる環境を整えることから始めましょう。

 

その際のコツですが

急に、「俺、自由になるぜ~」みたいな態度をとるのではなくて

サブリミナル効果のように(徐々に)距離感をとっていくことが大事です。

 

例えば、今までは携帯を見ても何も言わなかった旦那が

急に、「勝手に携帯見んな~!」って言うのも逆に怪しい話ですよね?

 

こういう場合は

まずは携帯にロックをかける。

⇒嫁が携帯を見る⇒「何でロックかけてんの?何かあるんでしょ?」と言われる

⇒何も形跡を残さずに、潔白の携帯を見せる⇒「何でなんも無いのに ロックかけるの?」と詰められる

⇒「もう、こういうのイヤじゃない?高校生カップルじゃあるまいし、お互い信用することは大事だよ」と諭してあげる

 

このようにして、徐々に距離感を広げていくのです。

こうすることで、嫁の当たり前の基準 を変えてあげましょう。

 

 

2ステップ目に

囲いたい女性をコントロールできる状況を作っておくこと。

 

女性は、惚れた男性とは毎日連絡を取りたいものですし

会いたくもなるものです。

 

ですが、仮に

家にいる時に、連絡してきまくられたら

たまったもんじゃありません。

 

友達やけど、長くなるから電話出ない~

って言って理解させれる嫁ならいいですが、そんな女ばかりではありません。

 

そうならないためにも

ある程度、コントロールできる関係を構築しないといけないのです。

 

その手順は、こうです。

1、何かしらの忙しい理由を作る

2、まめに連絡しないキャラを演じる

3、たま~にこちらから連絡してあげる

 

これを守れば

惚れさせながらも、あまり連絡を取らなくてもいい

非常に便利な関係を築くことができます。

 

1に関しては

仕事がかなり忙しい

友達といる時は、マメに携帯見ない主義

彼女が16人いるから(笑)

など、さらっと言って、ばれないようにはぐらかします。

 

2は、

相手から連絡が来ても

あまり返さないことで植え付けることができます。

1時間放置は当たり前で、2~3日返さないこともある。

と言う状態です。

 

3は、2が過剰にならないためにも

放置しすぎたな~と言うタイミングで

さらっと「元気かい?」とメールしてあげる。

 

これをする上では

相手の女性の気持ちをベースに判断してあげましょう。

 

今回お伝えした手順をベースに関係構築していけば

非常に簡単に2股~複数キープを実現できます。

 

最後にお伝えしておきますが

3人以上にキープ数を増やしたい場合には

一人当たりのコントロール強度をあげる必要があります。

 

コントロールが甘い状態で

許容範囲以上に手を広げ過ぎると

修羅場迎えることになるので、厳重の注意を払って行動してください。

 

正直、そこらへんで売ってるマニュアルより

知識になることをこのブログでは 書いています。

 

今回、具体的な手順を解説しましたが

これは、具体的なリクエストを頂いたことが理由です。

 

この文章を読んでいるあなたも

気になるテーマがあるのであれば

気兼ねなく、コメントもしくは私にメールを送ってください。

 

そこらへんのマニュアルより

具体的に、わかりやすく解説させていただきます。

 

 

このテクニックが少しでも役に立った

と言う場合はこちらをクリックしていただければ助かります。

 

 

※1度限り、無料プレゼント実施中↓↓

森田優也の恋愛テクニック&メルマガ登録はこちら 


タグ


2012年6月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:彼女を作る 結婚

都合の良い男

女性にはやさしくしましょう

女性は特別扱いがダイスキです

 

目当ての女性には特別優しくしましょう

これらは、ずっと言ってきたことです

 

間違っていることは何もありません

女性にタイプの男性は?と

聞けば、十中八九

「やさしい人」と答えますしね

ただ、こう捉えている方は間違っているでしょう

 

とにかく、女性には

がんばってやさしくして

「やさし過ぎるぐらいでいい」

 

これは、間違いです

その理由を、今回はお話しします

さて、なぜ優し過ぎることが間違いなのか

 

これは心理学にある

一つの理論が関係します

その理論というのが

「罰への欲求」というものです 

 

これは、人は本来罰を受けることは

嫌なことのはず

ですが、良い事が続けて起こると

人は良い事ばかり起こるはずが無い

何か悪いことが起こるんだと、考えるのです

 

つまり、良い事ばかり起きると

そのバランスを取る為に罰を求めてしまっている

と、いう事です

 

さて、ここで本題です

そうです、あなたが目当ての女性に

やさしすぎた場合女性が不安を抱くことになってしまいます。

 

「人生良い事ばかりじゃない」

こんな言葉は良く聞くことだと思います

 

つまり、昔から人はこの罰への欲求を

抱いていたということですね

 

あなたが全力で息切れするほど

やさしくする必要は無いのです 

 

あなたの出来る範囲で

あなたなりのやさしさを向ける

これが一番良いやさしさなのです


タグ


女性のわがままの対処法

どうも、森田優也です。

応援クリックお願いします!ランキング争い中☆

 

 

女性のわがままを聞く際の、
心構えとは?

その答えをお話しする前に、
女性の願望や男性に対する理想像について、
お話しします。

女性は男性に頼りたい生き物です。
何かに悩んだ時、道に迷った時に、
相談する相手と言えば、
友人でも親でもなく、頼りになる男性なのです。

そこでもしあなたが、

「女性から全く頼られていない。」
と言った状態にいるのであれば、
「頼りがいのある男」として、
女性から選ばれていないと言うことになります。

自分の評価するのは、
誰でもなく周囲にいる女性なのです。

もし、これにあてはまっているのであれば、
そんな人生は早く捨てましょう。

そして、「頼りがいのある男」を目指して、
早急に変化していきましょう。

なぜ、この話しをここでしたのかと言うと、
実は、、、
女性のわがままをうまく聞ける人は、
自然と頼られてしまいます。

そしてそれがモテ男への第一歩なのです。

では、女性のわがままに対して、
どう対処すればいいのか?

それは・・・「流す!」ことです。

女はすぐ調子に乗る生き物です。
絶対に言いなりになってはいけません。

あなたは女性にいいように使われたいですか?
答えはNOですよね?
では、そうならないように持っていくんです!

いいように使われてしまう人の心理として、
「嫌われたくない」
「さやしいとこを見せたい」
「断りきれない」
などです。

こんな弱弱しいことを言っている人が、
女性に頼られると思いますか?

どういうことかというと、
簡単に言えば、時間差でわがままを聞いてあげるのです!

①まず流します
②次に笑いに変えます
③女性が吐いた願望は必ず覚えておく
④時間差で叶えてあげる

この手法は、
あまりやっている人はいないでしょう。

ただ、タイミングと流れさえ把握すれば、
完璧に女心をつかむことができます!

日常でありそうなデート中の
例文を出して説明します。Gは女の子です。

×モテない男A
G「トイレ行きたい」
A「大丈夫?我慢できる?どっかトイレないかな・・・」
G「コンビニあっちあるから連れて行ってよ」
A「行こうか」

○モテル男B
G「トイレ行きたい」
B「もうちょっと待てよ」
「ってかさっきも行かんかった?」
「頻尿やね(笑)」
G「WWW」
このような感じで軽く流しておきます。
で、忘れずに頭の中ではトイレを探します。
B「お、コンビニあった」
「トイレいっといで」
G「ありがとう」

この違いがわかりますか?
どちらが余裕のある男性に感じるでしょうか?

この時の女性の心境として、
Aは女性に服従している感があります、
「私の言うことは何でも聞く」と、
女性に思われてしまいます。

Bは一見冷たい印象ですが、
それは笑いによって軽減します。
無視されたように思わせながら、
実は覚えている。

ここでマメで優しい印象を与えることができるのです。

わがままを聞く時は、
何よりさじ加減が大事です。

「都合のいい男」にならないように気を付けましょう。


タグ


2011年4月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:女心

このページの先頭へ

独自ドメイン var _gaq = _gaq || []; _gaq.push(['_setAccount', 'UA-25116091-1']); _gaq.push(['_trackPageview']); (function() { var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true; ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s); })();